BeeDriveの活用シーン

多忙なビジネスパーソンやクリエイター、スマートフォンで写真を楽しむ写真愛好家など、パソコン、スマートフォン、タブレットに大切なデータを保存しているすべての人に、BeeDriveはデジタル資産を保護する完璧なソリューションを提供します。

スマートフォンやクラウドストレージの空き容量が不足した

スマートフォンやクラウドストレージの空き容量が不足した

課題

高品質カメラや大容量の画像ファイルが普及した現在では、予想以上に早くスマートフォンやクラウドストレージが写真や動画で一杯になり空き容量が不足してしまいます。さらに、クラウドストレージのプランをアップグレードして、インターネットを介してデータを同期するには時間がかかりストレスを感じることがあります。これらの課題を解決する、メディアファイルを効率よく安全に管理するためのソリューションが必要となります。

BeeDriveで解決

BeeDriveがあれば、Wi-Fi経由で電話機の写真をすべてご自分のコンピューターに簡単にバックアップできます。そしてその1TB、2TB、4TBの容量により、写真などをすべて保存でき、クラウドストレージの有料プランに使うお金を節約できます。

BeeDriveを使用することで、スマートフォンの写真や動画、ファイルを選択してWi-Fi経由またはモバイルデータ通信でコンピュータに素早く転送することができます。AirDropと似た機能ですが、BeeDriveではiOS/AndroidデバイスとmacOS/Windows PCの間でシームレスに活用できます。ファイル転送が完了するとエクスプローラー、またはFinderが自動的に起動し、すぐにファイルにアクセスすることができます。

現地作業の後オフィスに戻ってすぐに写真を転送する

現地作業の後オフィスに戻ってすぐに写真を転送する

課題

現場スタッフが現場調査や顧客訪問を行ったり、ソフトウェア開発者がアプリの画面録画を行うなど、多くのプロフェッショナルがスマートフォンで写真や動画を撮影し、後でそれらのファイルをコンピュータに転送してプロジェクトの推進に活用しています。しかし、ファイルを添付して自分宛にメッセージを送信してインターネット経由でファイルをダウンロードすることは、時間がかかり非効率となります。

BeeDriveで解決

さらに、スマートフォンをコンピュータに接続するためのケーブルや、写真を手動で送信する手間はもう必要ありません。モバイルデバイスの写真バックアップは、モバイルアプリを開くだけで簡単に実行でき、Wi-Fiを介してデータが転送されればパブリッククラウドへバックアップするよりも高速です。

フリーランスや在宅勤務でバックアップを必要としている

フリーランスや在宅勤務でバックアップを必要としている

課題

重要な顧客データを扱っている方であれば、信頼できるバックアップソリューションがいかに重要であるかはよくご存じかと思います。セキュリティを確保するため、バックアップの設定や管理をITの専門家に依頼するケースも少なくありません。クラウドへのバックアップは一般的なオプションですが、選択するプロバイダーによっては、プライバシーに関する懸念が残ります。

BeeDriveで解決

BeeDriveはバックアッププロセスを簡素化するため、重要なデータを失う心配をせずに本来の業務に専念することができます。保護するフォルダと保持するバージョン数を設定するだけで、変更が加えられたり新しいファイルが追加されたりするたびに、BeeDriveへ自動的にバックアップされます。バックアップはコンピュータがオフラインのときでも継続的に実行され、次にBeeDriveを接続したときに自動的に再開されます。

圧縮や独自のファイル形式を使用する他のバックアップソリューションと異なり、BeeDriveはコンピューターに保存するそのままの形式でファイルを維持します。そのため、BeeDriveソフトウェアがインストールされていないコンピューターであっても、バックアップされたファイルを簡単に確認でき、復元が可能です。

自宅と職場で複数のコンピュータを使って仕事をしている

自宅と職場で複数のコンピュータを使って仕事をしている

課題

日中は仕事用のコンピュータ、夜はプライベート用のコンピュータなど、1日中異なるコンピュータで作業する場合、両方のコンピュータで作業状況を同期させ、すべてのファイルに常にアクセスできるようにする必要が出てきます。しかし、無料のクラウドストレージプランで処理できるファイル数を超えているなど、実現が難しい場合があります。

BeeDriveで解決

BeeDriveは異なるコンピュータ間でファイルを同期させるプロセスを簡素化します。BeeDriveはすべてのコンピュータにBeeDriveフォルダを作成し、BeeDriveを接続するとすぐにこのフォルダ内のファイルが同期されます。また、デスクトップまたはダウンロードフォルダを同期してコンピュータ間の切り替えを容易にしたり、BeeDriveを使用して自分のコンピュータから他のチームメンバーのコンピュータにファイルを同期することもできます。

コンピュータをアップグレードするときにも役に立ちます。新しいコンピュータにBeeDriveをインストールし、同期を有効にするだけで、すべてのファイルが自動的に新しいコンピュータに引き継がれます。

BeeDrive

デジタルな思い出や大切な書類を安全に保管しましょう。今すぐ自分だけのバックアップハブをご利用ください。

いますぐ購入